2018.7.7(土) 京急蒲田 cafe Quod

 

Quodの美香さんがフライヤーを作ってくださいました\(^o^)/
イメージについて、「爽やかな水色、薄緑」とお伝えしただけで、こんなに素敵なものを作ってくださいました。
ありがたや〜〜...!!

今週末の土曜日(2018.7.7)
京急蒲田のcafe Quodさんにて演奏させていただきます。
個人的には三年半ぶりとなるJAZZのライブ。
楽しみな反面、内心サワサワしておりますが
ぜひお気軽にお越しくださいませ☆

14:00-,15:00-
澤 光映(wb)
泉川 みわこ(pf)

対バンは目黒シンさんと長友祥吾さんのduo。
こちらの演奏をお聴きするのもとても楽しみです。

12:00-, 13:00-
目黒 シン(gt)
長友 祥吾(tp)

ミュージックチャージ、フリーです。
Quodさんの美味しい飲み物、食べ物などお楽しみください。

Posted by 美和子 Miwako at 13:48 | 音楽 | comments(0) | -

なぜ音楽をやるのか
ふと、
音楽って何?
みたいな
ゲシュタルト崩壊みたいな(?)疑問が湧いて

憧れのイリアーヌさんのライブを観たりして。

で、今日ふと思ったのが
やはり音楽は
楽しむ為のものだということ。

は?当たり前じゃないかと
皆さん思われるかもですが。
私にとっては、
当たり前じゃなかった時期が長かった。

自分の演奏=自分の価値
にしてしまったりして
やらなけらばならないもの として
随分長い間扱ってしまった。

やらなけらばならないもの
とした瞬間
やりたくなくなる
というジレンマ。

嫌々練習していた時期が長くありました。

本番などですごく楽しい瞬間もあったのだけど、
楽しいのはその一瞬。
また苦しい日々が続く。

そんな感じで続けていた頃があった。

一度すっぱりやめてみて
やっぱりやりたい と、
また始めた。

それからは
「楽しいかどうか」を基準に
進めてきた。

その中で、
また頭が重くなってきた時
何が足を引っ張っているのか
自分でもわからなかった。

でもやはり、
「音楽をやるからには
成功(お金を稼ぐ?)しなければ」
みたいな
そんな昔からの縛りが
まだ頭の中に残っていたことに気づいた。

厳しいね。
もうそんな縛り、
捨てちゃえばいいね。

楽しいからやる。
楽しむ為に
楽しい瞬間を味わう為に
練習する。

それでいいじゃないか。

足枷が
また一つ取れた。

そして結局、
一人では何も進まない。
仲間がいるから、
進んで行く。



今日は雨。
梅雨入り。





ちょうど一年前の今日、
彩雲が出ていた。
一年後に東京に住んでいて
音楽も再開してるなんて
全然思ってなかったなぁ。

Posted by 美和子 Miwako at 01:33 | 音楽 | comments(0) | -

動きだす
思いがけない感じで
友人から連絡があって
その繋がりで
懐かしい人達に会えた。

優しい人達のおかげで
私の考え方にも変化が出てきた。

今が動きだす時なのだと
感じている。

Posted by 美和子 Miwako at 14:10 | 音楽 | comments(0) | -

新しい生活 と 4/26 j-flow


ご無沙汰しておりました。

四月になり
新しい生活が始まりました。
楽しく充実している反面
少し疲れが出できておりましたので
広い公園でお昼寝してきました。



新宿御苑です(^.^)

シートを買って、広げて、
ご飯を食べてから寝転ぶ。

めちゃくちゃ気持ちよかったです。






そして、
新しいことを始めると
刺激もあって
生活に張り合いが出ることも実感。
ビールがますます美味しいです。



これは秋葉原「丸五」さんの
超絶美味しいトンカツ。



4/26(木)に、
錦糸町 j-flow さんにて
セッションホストをさせていただきます。
19:00-23:00

ぜひぜひ演奏しに、お越しくださいませ(*^▽^*)

Posted by 美和子 Miwako at 21:06 | 音楽 | comments(0) | -

タウンニュース
先日の演奏の様子が、
タウンニュース 秦野版に載りました(*^▽^*)
嬉しい〜〜!

タウンニュース

Posted by 美和子 Miwako at 23:32 | 音楽 | comments(0) | -

イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ コラール前奏曲 BWV 639

楽しみにしていた楽譜が届きました。

J.S. バッハ=ケンプ ピアノの為の10の編曲

 

 

"イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ コラール前奏曲 BWV 639"

この曲が弾きたくて注文しました。

 

小学生の時に初めてこの曲を聴いた時

弾きたいと思って楽譜屋さん(楽器屋さん)へ行きましたが、

楽譜は売っていませんでした。

 

その頃はネットも普及していなくて

お店で見つからなければ諦める という習慣でした。

その後もCDで聴くたびに

美しいなぁと感じておりました。

 

先月11月の末に

映画 Ryuichi Sakamoto : CODA を観に行きました。

その中で再び出てきたこの曲。

坂本龍一さんもこの曲がお好きだったんだなぁということに

嬉しさを感じ、

やっぱり好きなんだし弾こうと思いました。

 

ネットで検索したら

すんなり出てきた楽譜。

とても便利な時代ですね。

ありがたい。

 

そしてこの曲は弾いてみると奥が深い。

楽譜からすると簡単なように見えますが

シンプルな曲ほど

美しく奏でるのは難しい。

無駄にペダルを使わず

綺麗な音楽になるよう練習中です。

 

これまでも

バッハの曲は大好きでした。

家でのピアノの弾き始めには

まずバッハの曲を弾くことが多いです。

小学生〜高校生 の間、

教えてくださったピアノの先生もバッハが好きで

ペダルをほぼ使わずに弾くことを重視してくださっていたことに

今更ながら感謝の気持ちが湧きます。

 

平均律 クラヴィーア曲集 1 が私の定番。

どの曲も素敵ですが、

特に好きなのは、Preludio 8

ユーリノルシュテインの作品にも使われていました。

この曲を弾くときは

雪が降る冷たく美しい映像が頭に浮かびます。

 

。.:+*:・'☆。、:+*:.。.:+*:・'☆。、:+*:.。.:+*:・'☆。、:+*:.

 

 

ムジモン (musica das montachas) での次のライブが決まりました!

 

2018年1月7日(日) 18:00-21:00

場所:伊勢原 カトマンズバール

 

以下、カトマンズバールさんのFacebookより抜粋★↓


【山々の新年会】
オープン 18:00 スタート 19:00
ミュージックチャージ 1,000円 中学生以下無料(要オーダー)
「しんごとひでこ」と「musica das montanhas」の対バンライブ!

美味しいネパール 料理と共に、世界を地球を旅するような音楽をたっぷり楽 しみながら、新年を祝いましょう♪
ご予約もどしどし受け付けております。参加ボタンを押し ていただくか、カトマンズバール(070-6970-8 449)迄どうぞ。

【しんごとひでこ】
しんごとひでこプロフィール
2011年に結成されたトラッドフォークデュオです。
欧州の民謡に色濃く影響を受けたオリジナル曲は、異国情 緒たっぷり。
しんごは「バンジョー、ブズーキ、ギター」
ひでこは「アコーディオン、ドゥンベック」
楽器を取っ替え引っ替えしながら演奏をするのも見物です

【música das montanhas】
ムジカダスモンタニャスとは「山々の音楽」という意味、 略してムジモンの愛称で神奈川・東京を中心に演奏活動を 行う。

自然豊かな秦野で羊と暮らしながら「やまやま農園 」を営むミカコの、大地の声を軸に集うユニット。
スズキミカコvo・大竹弘行cb・秋山映一g のメンバーで2011年7月結成、

ジャズや南米音楽のカ バーを中心に不定期に演奏。

2016年から大竹はチェロに持ち替え、オリジナルでの 活動開始。

2017年10月に泉川みわこpが加入して、 表現の色彩感がグレードアップしました。
ムジモン:スズキミカコvo・泉川みわこp&cho・大 竹弘行vc・秋山映一g

 

 

 

 

 

 

押して応援してくださると嬉しいです!


ピアノランキング

 

 

 

 

 

Posted by 美和子 Miwako at 13:07 | 音楽 | comments(0) | -

ムジモン

先週末の11/4(土)
私の中での一大イベントがありました。
音楽活動の再開 第一弾。
再開後初のライブ。

以前関東に居た時、
ミカコさんと音楽でご一緒する機会がありました。
そこから二人の好みがとても似ていたり
考え方が似ていたり
共感できる部分が非常に多くて
私はミカコさんが大好きになりました。

関西に戻る直前に
ふと出来上がった曲にミカコさんがすぐに詩をつけてくれて
録音しました。
いつかこれをまた共に演奏できる日を楽しみにしていました。

 

 


↑2年半前に撮った動画です。
「Olha」(日本語:ほら)という曲。

そこから関西に戻り
この9月にまた関東へ。

関西に戻っていた時も
手紙とかメールとか
ご連絡をくださっていたミカコさん。
その度に
また一緒に音楽をやりましょうと言ってくださっていて
本当に嬉しかった。

そして今回関東へ戻って
musica das montanhas というバンドの加入にお誘いいただきました。

ポルトガル語で「山々の音楽」
(略して 「ムジモン」♪)

ギターの秋山さんと
チェロの大竹さんが作る
オリジナル音楽を中心に
ミカコさんが詩を乗せて
なんとも美しい音楽を奏でられていました。

元々秋山さんと大竹さんとも音楽の好みが合っていたようで
私が大好きなアルゼンチンの音楽を感じる音がそこここに散りばめられています。
3人での演奏を聴いていた時から
ここに参加してみたいなぁと思っていたのでした。

音楽も詩も、本当に素晴らしい。


長くなりましたが、
こういった経緯があり
加入させていただくことになったバンド
musica das montanhas での私にとって
初ライブ。




急遽演奏してくださることになったOlha。
秋山さん、大竹さんが即興で
入れてくれた音達が素晴らしくて
泣きそうになりました。
2人で演奏した時に
ここに更に音が欲しいと思っていた所に
何も言わずとも入ってくださった。


思い出深い復帰第一弾となりました。
万象房の方々や
対バンのアップルギータさん
聴きに来てくださった方々

皆様とっても優しくてあたたかく包まれた時間でした。




ミカコさんのブログ

万象房さんのブログ

 

 

 

 

押して応援してくださると嬉しいです!


ピアノランキング

 

 

Posted by 美和子 Miwako at 14:16 | 音楽 | comments(0) | -

音学活動再開

先月東京に引っ越しいたしました。
これに伴い音楽活動を再開いたします。
演奏時の名前について、一時は
豆みわこ
としておりましたが
「豆さん」と呼ばれることに慣れず
(自分で付けたのにすみません!)
旧姓の「泉川」を復活させることにしました。
(私たち夫婦仲はとても良好ですので、ご心配なさらず(o^^o))

どこかでまた、
生の演奏を聴きにいらしてくださると嬉しいです。


くぅちゃんも元気です。

 

 

 

押して応援してくださると嬉しいです!


ピアノランキング

 

 

Posted by 美和子 Miwako at 17:29 | 音楽 | comments(0) | -

楽譜を書く


楽譜を書き始めたら
細部が気になり始めて、
上記の本を買ってみました。

こんな書き方でよかったかな?とか
もっと綺麗に書きたい とか
A型気質(?)な部分がムクムク出てくるのです。

しかし、時間がかかる。
進まない!

これはいけないと思い直し、
まだ完成していない音楽を書き留めるだけなのだから
作り進めることが目的なのだから
楽譜はテキトーで。
自分が見て理解できれば良い
くらいの感じで書き進めることにしました。

変な所でこだわりが出てくるのです。
気をつけよう。

本はとても良さそうなので、
ペラペラめくって楽しんでいます。

Posted by 美和子 Miwako at 13:36 | 音楽 | comments(0) | -

ライブメモ


姫路のハンモックカフェで
Antonio Loureiroさんのsolo(piano, vocal) を観ました。



アップライトピアノで一人での演奏。
CDとは違った角度から聴くことができてとてもよかった。

右手と左手と歌とが
安定した芯のあるリズムの上で奏でられる。
あのリズム感はどこからくるのかな。
素晴らしかった。

ツアーは今日から。
明日は京都だそうです。



ハンモックカフェのごはん
とても美味しかった〜
遠いけど、
通いたいカフェです。



Posted by 美和子 Miwako at 22:21 | 音楽 | comments(0) | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Profile