年始の手足硬直について考えた。

2014.01.06 Monday

0
    年始の体調不良から一週間近く経ちました。

    胃腸はかなり回復してきたのですが、
    あの手足硬直が気になって調べていました。

    前の記事には脱水症状か?と書きましたが、
    どうやら過換気(過呼吸)の症状の方が近いようです。

    今からちょうど10年ほど前、
    学生の時にも一度過換気になりました。

    その時も年末で、
    胃腸炎で嘔吐→息が荒くなる→手足が痺れる
    という順序。


    今回は、
    息が荒くなる→手足が痺れる→手足が収縮して硬直

    硬直までいきました。

    手足が痺れてきた段階で、
    10年前のあの時の状態に似ている!と感じて、
    意図的に深呼吸を始めたんです。
    でもダメでした〜あ

    逆効果?

    過換気について調べてみると、
    体は空気を吸い込みすぎて酸素過多、
    二酸化炭素が足りない状態になっているんですね。

    ...ということは?
    深呼吸、というか、
    「吐く」という行為にかなり重点を置く必要があるのですよね。
    息止めた方がいいのかな?
    ビニール袋という方法もあるけれど。

    人間の体は、
    疲れている時どんどん空気を吸い込む傾向にあるそうです。

    そこで気がつきました。
    私はきっと普段から、
    酸素ではなくて二酸化炭素が足りていないんじゃないかとひらめき

    プールで泳いでいても、
    水の中で息を吐くことが大変だな〜と感じていました。
    吐くには吐くための筋肉がいりますね。
    そこが薄いんじゃないかな。


    そして、さらに気づいたことがあります。

    二酸化炭素といえば炭酸飲料。
    二酸化炭素が足りていない人は
    炭酸飲料が好きなんではないかと!

    だから私はビールや炭酸水が好きなのかもしれません〜


    私にとってこれは大発見ペコちゃん


    「呼吸は吸うよりまず、吐くことが大事」
    とはよく言われることですが、
    その言葉がようやく腑に落ちた気がします。


    今年の目標その2。

    「吐く」









     
    関連する記事
    コメント
    コメントする