ちょっと掴めた

2017.06.07 Wednesday

0



    20代の頃から左腕の腱鞘炎と、
    肩こりが当たり前になっていたのだけど
    関東に住んでいた時に教わった
    アレクサンダーテクニークをもう一度真面目に(笑)やろうと思い、
    ピアノを弾く際に念頭に置きながら動いている。
    雨の日は身体がいつもより痛むので
    今日はその痛みを感じないように弾く練習をした。

    1時間くらい弾き続けていたら、
    その感覚が掴めた瞬間が何度もあって嬉しくなった。

    痛みは嫌だけど
    痛みがあるから
    痛まない弾き方を探ることができる。
    これによって、力が抜けてより良い音になった気もする。

    私の左腕が痛くなりやすい曲
    Ernesto Nazarethの Apanhei-te Cavaquinho を弾きながら
    身体の使い方を探った。


    痛くなければ、
    ピアノを弾くのは本当に楽しい。
    今日は光が見えた。



    ..:゚*:・読んでくださりありがとうございます.:*:・'☆
    .:゚+押していただけると嬉しいです.*:・'☆

    ↓↓↓


    人気ブログランキング

    コメント
    コメントする