狭める癖

昨日は

音楽活動復帰後2回目の

アレクサンダーテクニークのレッスンでした。

 

先生がおっしゃっていたことの中に

「体が楽になると共に、

体のサイズが変わってくる人もいる」

という話がありました。

肩が広くなる とか。

 

そういえば私は

子どもの頃から肩幅が広いのを気にしていたから

狭めるようにする癖が無意識についていて

それが今の体の痛みに繋がっている要因の一つであるように思います。

 

例えば

狭い場所(満員電車など)で

邪魔になって責められないように体を狭めるとか

威張っているように見えたくないから狭めるとか。

人の視線が怖いから俯きがちになるとか。

人から責められないように

小さく小さく動く癖がついていたのかも。

(身長が伸びなかったことにも繋がっているかもしれないと感じます。でも不眠も大きな要因か。)

 

目立つことが良しとされない傾向にある日本では、

自分の存在をできるだけ消したいが為に

そういう癖を持つ人も多いのではないかと思います。

 

肩に限らず

身長とか

顔の大きさとか

他の部分の体の形とか

沢山のコンプレックスが

体が一番楽で自然な姿勢で動くことを

邪魔してきたのかもしれません。

 

痛いのは嫌です。しんどいです。

人からの目よりも、

痛みをなんとかしたい。

この境地へたどり着いてやっと、

自分の癖をやめる機会となったのでしょうか。

私の場合。

 

痛みも大事なお知らせ、ですね。

 

 

Posted by 美和子 Miwako at 17:40 | 健康 | comments(0) | -

関連エントリー

コメント
コメントする






Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Profile