ル・ポールのドラァグ・レース

2019.07.06 Saturday

0
    今日は結婚式で演奏のお仕事^_^
    午前中にクラシック
    午後にジャズ。
    クラシックはまたまた凄く緊張。
    ご一緒した方々が素晴らしくて
    楽しく演奏させていただきました。

    ジャズは茜ちゃんと♪
    演奏の男前度が上がってる!
    かっこよかった。

    明日の準備をしなきゃと思いながら、
    Netflix で ル・ポールのドラァグ・レース
    を観てしまう。

    シーズン1の第6話。
    シャネルが自ら脱落。
    びっくりしたし感慨深かった。
    どう見ても才能も努力も見えるシャネル。
    自信満々に見えていたけど、
    最後に見えたのは
    自信の無さ。

    “誰も私のことを綺麗と言ってくれない”

    あれ?
    常に褒められてなかった?
    批判もされていたけど
    沢山褒められていたはず。

    された批判に目が行ってしまう。

    このまま行けば、
    スーパースターにだってなれる可能性がある人なのに
    “もうここに居たくない”って
    自ら降りた。

    自分で自分のことを
    好きな部分もそうでない部分も
    受け入れられていないと
    どこまで行っても
    自信の無さはつきまとうのかな。

    批判されないように
    頑張って
    頑張って
    いつでも褒められていないと
    批判されたように感じる。

    自分の弱さを受け入れるということは難しい。

    虚勢を張るということは
    美しくもあるけれど
    危うい。
    何より
    本人がしんどい。

    自分の心もそうなっている時があるなぁ。
    自分の全てを受け入れるのは
    なかなか難しいけれど
    柔らかくなりたい。

    心の師匠、高田純次さんを目指して。

    買って帰って食べた。
    壽堂の黄金芋。
    温かいお茶と合う。
    美味しい〜



    関連する記事
    コメント
    コメントする