生・谷川俊太郎さん
昨日(6/30)、寝屋川市民会館にライブを聴きに行きました。
出演は次の方々。

小室 等(歌・ギター)
谷川 俊太郎(朗読)
続木 力(ハーモニカ)
谷川 賢作(ピアノ)
歌と詩と奏のコンサート。

ネットサーフィンをしてたときにライブ情報を見つけました。谷川俊太郎さんの息子さんである賢作さんがピアニストだということや、詩と音楽のコラボレーションに興味があったのです。
男の人4人なのに、全然むさ苦しくなくて、ほんわか心温まるようなライブでした。

中でも耳目を惹いたのは、谷川俊太郎さんでした。
朗読された詩は、ことばあそびのようなものから、愛について、反戦、いろいろありましたが、総じて、彼の詩には生きていることのすばらしさを感じさせるものがありました。
お歳を召していらっしゃいますが、とても愛くるしい(失礼でしょうか?)方でした。あんな風に歳を重ねたいです。彼は今でも恋をしてそうな人です。

あと、フォークソングっていいですね。
ところで、フォークソングってなんですか?

Posted by 美和子 Miwako at 23:16 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)

関連エントリー

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://blog.meowmusic.catfood.jp/trackback/157091
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Profile